環境に優しい「三平エコチューブ」

会社案内

ごあいさつ

現代の著しい科学技術の発展を支える上で、プラスチック材料が重要な位置を占めてきたことは、よく知られている通りであります。また、電子情報、航空宇宙、海洋開発、医療、バイオテクノロジーなどの先端技術、産業などの分野でも特殊機能を有するプラスチック材料は、付加価値の高いものとして注目を集めております。その中にあって、当社では、昭和24年(1949年)の創業以来、“より新しく(精度)”“より早く(納期)”“より安く(コスト)”“より新しく(技術)”“より使いよく(信用)”という五訓を掲げ、多種多様なお得意様のご要望に対応でき得るよう努力してまいりました。その豊富な実績と迅速な対応力は、各方面から高く評価され確固たる信頼をいただいております。

今後とも、さらに積極的な設備拡充をすすめ、個々の技術とアイデアを活かし、明日の業界を創造してまいります。
カラーチューブ
カラーパイプ
押出成形品

会社概要

社名 三平化学工業 株式会社
代表 代表取締役 小林 研策
役員 専務取締役 山村 勝美
常務取締役 山村 勝洋
所在地 〒577-0067
大阪府東大阪市高井田西2-2-29
TEL 06-6783-0561
FAX 06-6783-0565
URL http://www.sanpeikagaku.co.jp
E-MAIL sanpei19@osk4.3web.ne.jp
営業品目 マークチューブ(素材)、自動車用ワイヤープロテクター、漁具用パイプ・チューブ、車輌用異型品(電車・自動車)、成形品パイプ、薬品用パイプ、ハーネスチューブ、耐熱、耐寒チューブ、各種絶縁チューブ並びに工業用パイプ、ノンハロゲン押出製品など
資本金 1,500万円
設立年月日 創業 昭和24年
設立 昭和26年3月24日
主要取引先 株式会社ハイレックスコーポレーション
住友電装株式会社
株式会社ニシヤマ(車輌部品)
取引先銀行 三井住友銀行 東大阪支店
りそな銀行 布施口支店

沿革

昭和24年3月 布施市高井田にて塩化ビニールパイプ製造工場として創業(代表者 小林栄吉)
昭和26年3月 三平化学工業株式会社設立(初代社長 小林栄吉)
昭和34年 技術、材料、配合改革をし、透明パイプを製造する
昭和38年 設備改善をし、オレフィン系樹脂パイプチューブを製造すると同時に異型押出成形品を製造する
昭和43年 業務拡張、受注量の増加に伴い本社工場を新築する
昭和49年 代表取締役に小林貞次就任
昭和51年2月 受注量増加に伴い新機種押出成形機を全面的に入れ替える
昭和54年 品質管理・在庫管理にコンピューター導入
平成14年 全製品鉛フリー(エコチューブ)に切り変える
平成15年 ノンハロゲンチューブ製造販売
平成18年12月KES・環境マネジメントシステム・スタンダード・ステップ1を認証取得
平成19〜20年 押出成形機を全面的に入れ替える
平成25年8月 代表取締役に小林 研策 就任

社訓

社訓

社是

社是